カードローンにはどのような種類があるのか メリット&デメリットを解説

カードローンにはどのような種類があるのか メリット&デメリットを解説

arrow

普段生活している中で急に現金が必要になった場合、貯蓄をしている人であれば貯金から活用することができますよね。ですが貯金自体を多くの人が行っているわけではな、現金の用意が出来ない場合は困ってしまいます。

そんな時に便利なのカードドーンになります。

カードローンは契約する事で限度額内であれば好きな金額の借入を行うことができます。一時的な借入の方法や、長期的に計画を立てて利用する方法などもありますよ。では実際にどのような種類があるかですが、まずは銀行が提供している物があります。

銀行の場合は借入の際に発生する金利などが低いというポイントがありますよ。また借入を予定している金額が高額で期間なども長期を予定している場合は、お得に利用できる場合がとても多いです。また総量規制対象外になっているので、限度額なども最大に設定することも可能になります。

ですがココ数年、融資が厳しくなっており必ずしも銀行が有利というわけではないようです。→ 総量規制対象外カードローン

そのほかの種類としては消費者金融がサービス提供しているものもあります。特徴として初めて利用する場合は、30日間無利子で利用できるというサービスがあります。そのためサービス内容だけを見ると、銀行よりもお得な内容が多いですね。

また金額が少額な場合や返済までの期間が短く一括返済を予定している場合は、よりお得に利用でいる点が大きいです。ただし総量規制があるので、借入する際の限度額は年収の3分の1までになります。

このようにカードローンにも色々な種類があるので、借入する金額や使用用途に返済計画などに合わせて利用するメリットとデメリットも理解し種類を選ぶことがポイントになりますよ。

利用する際に知っておきたいメリット

megane

実際にカードローンを利用する際に、メリットとデメリットがありますよね。その内容を理解することはポイントですが、まずはメリットとなる部分が何になるのを知る必要があります。

よい面はどのような内容があるのか、しっかり把握することでより便利に活用することができますよ。

まず他のローンに比べてキャッシングなどのローンの場合は、借入したお金の使用目的は自由という点が大きいです。自動車ローンや住宅ローンなどは、購入する対象物のローン返済にしか使用することができませんよね。

ですがキャッシングの場合は借入したお金の使い道は自分で決めることができるので、自由度の高いローンとしては大きなメリットの1つです。また通常借入などのローンを利用する場合は担保や保証人が必要になることが多いです。

ですが担保や保証人などがない状態で利用できるという点も大きいですね。実際には借入する場合は個人の信用度だけになるため、借入を行う場合も申込を行い即日融資なども対応してもらうことができます。

また借入自体は業者が提供しているATMなどのほかに、コンビニなどのATMを利用することができます。そのため借入や返済なども自宅から近いコンビニでできる手軽さがあります。また実際にローンを利用する場合には申し込みが必要になり、審査が通る事で契約になります。

ローンの申請自体は手続きなどに日数が必要ですが、キャッシングなどのローンの場合は融資までがとてもスピーディーという点もあります。

銀行の場合は最短でも2日程度で利用ができ、消費者金融系の業者であれば審査自体が最短で30分で終わることもあるので即日融資を利用することもできます。

利用する際に知っておきたいデメリット

カードローンは手軽に利用でき、様々なメリットが多くありますよね。ですが同時にデメリットもあるので、その点もしっかり把握して利用する際に注意することが大切になりますよ。

まずキャッシングローンを利用する際のデメリットですが、借金しているという感覚がとても薄いと言う点がります。利用する業者にもよりますが、ローン自体の借入額は少額な人が多いですよね。

また返済なども一括で借入している期間も短いので、借金をしているという意識がどうしても薄くなりがちになります。また手軽に借りられることから、気が付いた時には借入額が高額になってしまっているということが多いです。

またキャッシングローンの利用の場合ですが、少額で短期で利用するのがおすすめになります。逆に高額になり長期間をかけて返済予定にすると、利息が多くなるという点があります。

金利の割合などは借入額などによっても違いはありますが、最高では18%になる事もあるのでその場合はかなり高い金利になってしまいます。

そのため利用は短期的な時にするのがポイントになりますよ。また他のローンの利用を検討している場合、カードローンの利用ができるという時点で、他のローンが利用できない場合が出てきますよ。

住宅ローンなどの場合は審査などが厳しく、キャッシングタイプのローンがあるというだけで審査が通らないことがあります。

現時点でキャッシングのローンの利用をしていない状態であっても、ローンができる状態ということが審査に影響してしまう事もあります。このようにメリットとデメリットがしっかりあるので、特徴を理解して利用することが重要ですね。

カードローンを利用するときは徹底した自己管理が必要になる

ローンを組む、この言葉は何かほのぼのとした感じを与えてくれます。よくあるシチュエーションは、マイホームの購入ではないでしょうか。

人は所帯をもてば、憧れの家を買うということが夢となる。それが戸建てであれマンションであれ、自分たちのお城であることには変わりありません。その夢を実現させるための住宅ローンなのですね。こうしたローンの組み方には正当性を感じます。

でも、この世の中、すべて決められた目的にだけお金が必要だというわけではありません。たとえば、毎日の生活費。これがどうしても足りないということだって、今の時代には充分に有り得るのですね。

あまり人には言えないけれど、

  • 主人の収入が下がってしまった
  • 子どもの学費が足りなくなった

こうした事態は最近ではかなり増えています。

事実、私立高校の学費が払えずに、退学を余儀なくされるという高校生は増加しているというのです。

確かに政治的に何とかしようとする動きはありますが、まだしっかりとした形にはなっていませんよね。生活費のことを言えば、なかなか給料があがりませんし、ボーナスだってそれほど期待できるものではありません。こうなるとどうしても生活費というものが不安になってしまいますよね。

ローンを組むほどの金額ではないけれど、次の給料日までは足りそうもない、そういうこともあります。また、ちょっとした入用で現金が必要になることだってあるでしょう。たとえば、いきなりの出張ですとか接待ですとか、あと友人などのつきあいですとか。こういう場合は本当に困ってしまいますよね。

簡単に借り入れができるお手軽ローンがおすすめ

kirakira

そういう窮地に立たされたときに頼りになるのがカードローンというものです。これはおすすめです。最近ではかなり利用されている方も多くなりましたね。でも、まだ使ったことがないという人も少なくありません。

言葉は知っているけれど、その内容までは詳しく知らないという人が多いでしょう。簡単に言えば、このローンはお金を借りるためのサービスということになります。これくらいは誰でも分かると思いますが、そのお金の借り方についてはあまり知られていないのではないでしょうか。

カードローンの特徴は、担保も保証人もなしでお金を借りることができ、利用限度額の範囲内で繰り返し借り入れができるところにあります。

住宅ローンや自動車ローンのような目的ローンとは根本的に違うのですね。それではカードローンのメリットは何かと言えば、これにはいろいろとあるのですが、一つには手続きが簡単で、融資のスピードが早いということがあります。

即日融資も可能。即日融資が可能だということは、本当に急いでいるときには便利だということですね。さまざまな他のローンに比べて利用しやすいローンであることは間違いありません。このカードローンは消費者金融や銀行などの金融機関で提供されているサービスです。

消費者金融と聞くと引いてしまう人もいるかもしれませんが、今はかなり安全な融資を受けることができます。確かに言い方を変えれば借金には変わりないのですが、厳しい法律にのっとって提供されているサービスなので安心して利用することができるのですね。

正しく利用すればとても便利です。利用の際にはわざわざ専用のATMでなくてもコンビニで借り入れや返済ができるので、本当に手軽です。借金である限り、借りたら必ず返済しなければいけません。これは常識ですよね。

お手軽ローンは返済のことを考えてから利用すること

ほんのわずかなお金が必要なとき、お金を借りるとなると最初に思いつくのが親や友人ですよね。まさかまったくの他人に貸してくれとは言えませんから。しかし、たとえば親にお金を借りるというのは避けたい気持ちもありますね。

もう子供ではないのだし、心配をかけてしまいそうです。かと言って友人に切り出せば貸してくれることもあるでしょうが、信用にかかわりますよね。友情に亀裂が生じてしまうという話もけっこうあります。

お金の切れ目が縁の切れ目、これは大げさな言い方かもしれませんが、現実にお金の貸し借りで友情を失うというケースもあります

お金を借りるなら、やっぱり手軽で誰にも迷惑をかけないカードローンがおすすめです。パソコンやスマホから申し込めば即日借入もできます。あまりにも手軽にお金を借りることができてしまうから、ときとして借り過ぎてしまうということもあります。

よくよく考えればこれはとても怖いことなのですね。気が付いたときは莫大な借金だけが残っていた、そういうことも充分に起こり得ます。しかし、消費者金融では借り過ぎや貸し過ぎを防止するために総量規制というものが導入されています。

消費者金融からの借り入れが年収の3分の1を超える場合は新たな借り入れができないという規制です。お金を借りることで一番不安なことは返済ですよね。

借りたお金は必ず返さなければいけません。これは当然の事なのですが、この初歩的なことがどうしても忘れ去られてしまうことが往々にしてあるのです。借金は徹底した自己管理が必要なのですね。